顔と顔貌性 Face and Faciality

Access this Article

Author(s)

Abstract

構造主義とシステム論という二つの立場は協調しうるだろうか。本発表では斎藤環によるラカン理論とべイトソンの学習理論を「顔」を介して架橋するオートポイエーシス・モデルを検討しながら、その問題点をドゥルーズ=ガタリの「顔貌性」の議論によって照射し、そこから横断的オートポイエーシスの可能性を模索する。

Journal

  • Proceedings of Annual Conference of Japan Association for Social Informatics

    Proceedings of Annual Conference of Japan Association for Social Informatics 22(0), 262-265, 2007

    The Society for Socio-Informatics

Codes

Page Top