エージェント・ベース・アプローチの方法論的再考  [in Japanese] A methodological discussion about agent-based approach  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

本稿では,エージェント・ベース・アプローチ(以下,ABAとする)によるモデルの妥当性に関する議論について考察を試みる.情報システム研究におけるシミュレーションの位置付けについて論じ,それを受ける形で,従来の「妥当性」の議論に関して批判的な検討を加える.本稿での主張は,1)ABAにおけるモデルの「妥当性」に関しては,伝統的なそれとは異なる視点が必要であること,2)我々はABAという方法を取るにあたって最低限守るべき規範として,シミュレーションモデルを何らかの形で多くの研究者から参照できるようにすることが必要であること,の二点である.

This paper tries to discuss the validity of models in the agent-based approach (ABA). First, the position of simulation research in the field of information systems will be discussed. Second, the critical consideration will be given to the tradicional concept of "validity". The claims in this paper are, 1) the concept of "model validity" in ABA requires another viewpoint which is differ from the traditional one, and 2) the protocol we should basically follow when we take the ABA as a research method is to make simulation models referable from other researchers in some ways.

Journal

  • Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2008s(0), 36-36, 2008

    THE JAPAN SOCIETY FOR MANAGEMENT INFORMATION (JASMIN)

Codes

Page Top