生活者の対面コミュニケーションにより生成されるソーシャル・インフルエンスについての一考察  [in Japanese] A study on social influences generated by consumers' face-to-face communication  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

今日の社会における商品やサービスに関する情報伝達は、伝統的なマスメディアを用いた企業のプロモーション活動に加えて、生活者間の自発的な情報交換によって生成されるソーシャル・インフルエンスに寄るところが大きい。ソーシャル・インフルエンスに関しては、ソーシャルネットワークサービス(SNS)等の新しいコミュニケーション・ツールによるものが近年注目されているが、伝統的な口コミによる対面コミュニケーションも、依然として大きな影響力を及ぼしている。本研究では、口コミによる対面コミュニケーションに焦点を絞り、アンケート調査結果にもとづいた実証的な分析により、対面コミュニケーションが生み出すソーシャル・インフルエンスの実態の解明を試みるものである。

In addition to companies' promotion activities using traditional mass media communication, today's Information propagation on products or services are attributed to social influences generated by spontaneous information exchange among consumers. In generating such social influences, face-to-face communication still plays a significant role, although the majority of recent researches seem to emphasize new communication tools, such as SNSs and micro blogs.In this study, we have focused on face-to-face communication, and have conducted an internet survey to collect data to investigate actual conditions and mechanism how social influences are generated in face-to-face communication.

Journal

  • Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2010f(0), 69-69, 2010

    THE JAPAN SOCIETY FOR MANAGEMENT INFORMATION (JASMIN)

Codes

Page Top