土の飽和・不飽和水分特性の原位置測定 Field measurement of saturated and unsaturated moisture properties of soil

Access this Article

Author(s)

Abstract

土の透水性は地山斜面の防災や盛土の安全性管理,土壌汚染の移動予測などで重要なパラメータとなる。フィールドで,飽和透水係数のみならず不飽和水分特性も測定できれば,これらの管理の実務性は格段に増す。定水頭浸潤理論にもとづくゲルフ式ウェルパーミアメータ法と地盤内の複数点で水分量を測定できるプロファイルプローブを用いて,フィールドで土の飽和・不飽和水分特性を同時に測定できる原位置試験法の開発に取り組んだ。浸潤量および土壌水分量の時間変化を測定し,これらを最も適切に表現できる飽和・不飽和水分特性値を,数値計算法とパラメータ推定法により求めるようにした。砂を用いた室内土槽試験の結果を報告する。

Journal

  • Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering

    Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering JGS38(0), 601-602, 2003

    The Japanese Geotechnical Society

Codes

Page Top