液状化地盤の表層不飽和層が杭基礎に与える影響について-その3:応答変位法の適用- Effects of unsaturated sand overlying liquefied sand on a pile foundation during strong base shaking (Part 3, Analysis of piles on Winkler-spring connected to horizontally displaced ground)

Access this Article

Author(s)

Abstract

現行の道路橋示方書では液状化地盤中の橋脚杭基礎の設計に地盤変形の影響は考慮されておらず、杭に発生する応力が必ずしも適切に評価されていない可能性がある。そこで本研究では、液状化地盤中における橋梁の橋脚杭基礎の設計に、地盤変形の影響を考慮できる簡易な設計法として考えられる、静的な応答変位法の適用性の検証を行った。特に表層の非液状化層が杭に生じる応力に及ぼす影響に着目し、別報(その2)で行った実験を対象として応答変位法による計算を行った。地盤バネ定数は、別報(その1)の結果を用いた。適切な地盤変位および上部工慣性力を与えることで計算結果と実験結果はよい対応を示すことが分かった。

Journal

  • Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering

    Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering JGS39(0), 1577-1578, 2004

    The Japanese Geotechnical Society

Codes

Page Top