複合地盤における液状化発生軽減効果に関する実験 Shaking table tests on the effect of the rigidity of sand piles on the occurrence of liquefaction

Access this Article

Author(s)

Abstract

液状化対策として多くの施工実績のあるSCP工法などの締固めによる改良地盤の液状化強度は,同じN値であっても,自然地盤に比べ高い傾向にあることが明らかにされている。これは,密度増加以外にK0の増加,地盤全体の剛性増大(複合地盤効果)などによる割増しが複合的に関与しているためと考えられる。このうち,密度増加やK0の増加による割増しは,現場における調査結果や模型実験により求められているが,それ以外のことについては未だ明らかにされていない。<br>そこで,締固められた砂杭が存在することによる複合地盤効果について振動台実験を行い調べた。その結果,事前地盤が弱いほど,また改良率が大きいほど液状化しにくくなった。

It has been shown that the liquefaction strength of the improved grounds by SCP method is in high compared with the natural grounds. This is because of the effect of not only the increase of density, but also the rigidity of the installed piles, increase of K0, etc. Among these, the effect of the rigidity of the piles was studied by conducting several shaking table tests.<br>Test results, showed that critical acceleration to cause liquefaction increased with the installation of the piles.<br>

Journal

  • Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering

    Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering JGS39(0), 1939-1940, 2004

    The Japanese Geotechnical Society

Codes

Page Top