人工地盤と液状化-宮城県鳴瀬町の液状化事例を中心に- Relationship between artificial ground and liquefaction

この論文にアクセスする

著者

抄録

2003年宮城県の2回の地震では鳴瀬町の水田で規模の大きな液状化が発生した。地上型レーザースキャナーによる地表面高精度計測、電気探査、ボーリング、ジオスライサー等を実施した結果、液状化は砂採取跡の池を山砂で埋立てした地盤に限定して発生していた。新潟地震以降、国内の液状化発生代表事例を再検討した結果、人工地盤か、自然地盤かに関わらず、液状化は短期間の水中堆積で埋め立てられた新しい地盤で発生し易いという共通点が認められた。こうした場所は土地の履歴調査で特定できる。現在の液状化判定法に加えて、詳細な土地の履歴調査を行い埋立履歴と範囲・方法等が特定できれば、液状化の範囲をより精度よく予測可能となる。

収録刊行物

  • 地盤工学研究発表会 発表講演集

    地盤工学研究発表会 発表講演集 JGS39(0), 2075-2076, 2004

    公益社団法人 地盤工学会

キーワード

各種コード

ページトップへ