発生土と無害化処理した都市ごみ焼却灰を用いた地盤材料の特性評価 Quality evaluation on geo-material using excavated surplus soils and decontaminated MSWI(municipal solid waste incinerator) ashes

Access this Article

Author(s)

Abstract

近年、家庭から排出されるごみは増加の一途をたどっているが、都市ごみ焼却灰の埋立処分による最終処分場の残容量問題や埋立地からの環境汚染問題が指摘されており、そのため、都市ごみ焼却灰の無害化および再利用の早急な実現が望まれている。本研究は、ダイオキシン類、重金属類を取り除き無害化処理した都市ごみ焼却灰と利用が困難で低品質な建設発生土である有明粘土を混合した材料を用いて、一軸・三軸圧縮試験などによる強度特性評価と重金属溶出試験などにより化学的安定性評価を行い、両側面から地盤材料としての利用可能性を検討するものである。

Journal

  • Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering

    Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering JGS39(0), 585-586, 2004

    The Japanese Geotechnical Society

Codes

Page Top