喫煙行動(禁煙指導)と行動医学  [in Japanese] Smoking Behavior and Behavioral Medicine  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 竹内 武昭 TAKEUCHI Takeaki
    • 帝京大学大学院公衆衛生研究科行動科学・医学部附属病院心療内科|帝京大学大学院公衆衛生研究科行動科学・医学部附属病院心療内科 Department of Public Health and Psychosomatic Medicine, Teikyo University School of Medicine|Department of Public Health and Psychosomatic Medicine, Teikyo University School of Medicine

Abstract

日本の喫煙率は低下してきてはいるが、依然として先進国としては高い状態が続いている。多数の死者を出す予防可能な疾患にもかかわらず、社会的には重要度の認識が低く、西欧諸国と比較すると十分な対策がなされていない。まさに「サイレントキラー」の名にふわさしいのがたばこである。明らかに健康被害のあるたばこであるが、実際に問題なのはほとんどの人がたばこの害が解っていながら、やめられない依存状態にあることである。ニコチン依存は、ニコチンが報酬系の行動と強く結びついていることに主因がある。依存に関係するドパミン神経系は「報酬系回路」として知られており、快の感覚を個体に与えるため、強化行動をひき起こす。喫煙による急激なニコチン濃度上昇は、一過性のドパミン過剰放出を起こすが、最終的にドパミン受容体数が減少するため、慢性的な喫煙状態は、シナプスの機能不全を起こす。禁煙指導には、薬物療法と共に行動科学的アプローチが重要である。禁煙の意志のある喫煙者に対してはニコチン依存の治療が行われ、行動カウンセリング(禁煙支援の5つのA)が高い戦略的価値を持つと考えられている。日本では保健適応の禁煙外来の利用が有用である。禁煙の意志のない喫煙者に対しては、動機付け面接を基本とする行動カウンセリング(動機強化のための5つのR)が有効であると考えられている。禁煙を継続・維持中の禁煙者に対しては再発防止戦略が重要であり、禁煙継続中に起こりうる心身の問題、外部環境の障害、誘惑に対する対応が含まれる。喫煙者には支持的に対応し、彼らはたばこ産業の犠牲者であるという考え方を持つことが重要である。さらに、禁煙することのメリットを個人レベルで模索し、禁煙開始と禁煙継続のモチベーションを維持する必要がある。

Smoking is one of the most crucially preventable behaviors against illness. However, social awareness was limited and the anti-smoking movement in Japan has not been a strong compared to Western countries. The real problem lies in the mechanism of nicotine dependence that smokers who are aware of the harmful effects cannot quit smoking. Smoking gives a pleasurable feeling to the smoker, which works as a reinforced behavior. For nonsmoking therapy, the approach of behavioral science is as crucial as drug therapy. For the smoker who has the intention to quit, a 5A behavioral counseling framework has therapeutic importance. In Japan, national medical insurance covers smoking cessation outpatient services. For the smoker who does not intend to quit, a 5R behavioral counseling framework focusing on motivation also has the therapeutic importance. For the non-smoker who has quit smoking recently, recurrence prevention treatment dealing with both medical and environmental factors can assist their chances to avoid a relapse. We clinicians should have the opinion that smokers have suffered from the tobacco industry and treat them accordingly. Additionally, we need to offer smokers the benefits of quitting smoking in their own way to maintain a high level of motivation for non-smoking.

Journal

  • Japanese Journal of Behavioral Medicine

    Japanese Journal of Behavioral Medicine 19(2), 59-63, 2013

    The Japanese Society of Behavioral Medicine

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004623080
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1341-6790
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top