都市下水道による熱輸送に関する観測研究 Observation of Heat Flow Through Urban Sewer

Access this Article

Abstract

ヒートアイランド現象をはじめとして都市の大気熱環境に関する研究は数多く行われている一方、水圏への影響に着目した研究は少ない。そこで、都市で発生した熱がどのように水圏へ輸送されるのかを定量的に明らかにするために住宅地における観測を行い、1年間分のデータを蓄積した。この観測より住宅地からの熱の流出過程に関する基礎的データを得たので報告する。対象とした集水域の下水流量のパターンを明らかにし、集水域の下水流量には地下水流入の影響があることが分かった。次に上水水温、下水水温、土壌温度の季節変化から地下水の持つ熱が下水の温度に影響を与えていることを示した。最後に集水域の水・熱収支を考え、地下水の影響を除いた生活排水の水温を求め、住宅地で熱利用に伴って上水に付加された熱量を算出した。

Although many researchers have studied the atmospheric heat environment in urban area (ex. Heat island), but the studies focusing on the thermal effect to hydrosphere drained from urban area are few.We observed both the flow rate and temperature of sewage in a residential area to investigate the thermal transport through sewage network.On the basis of annual data set, the following results were obtained.(1) The diurnal pattern of sewage flow rate is influenced by the inflow of groundwater.(2) Groundwater is also found to influence on the sewage field temperature.(3) The used water temperature is estimated based on mass and heat balance equation.(4) Anthropogenic heat added in residential area is estimated from the difference between supplied water and used water temperature.

Journal

  • Proceeding of Annual Conference

    Proceeding of Annual Conference 18(0), 117-117, 2005

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

Codes

Page Top