高山盆地における放射霧と水蒸気輸送について The Radiation Fog and Transport of Water Vapor in Takayama Basin

Access this Article

Author(s)

Abstract

岐阜県の高山盆地において、市街から乗鞍岳山頂直下の間で地上気象観測、画像記録、ラジオゾンデ観測、水蒸気サンプリングの4つの観測を行った。画像解析によって、霧の発生判断をすると共に、気象データを用いてそのときの気象条件を明らかにしていった。また、大気中の水蒸気を4日間連続で3地点において採取し、同位体組成を分析した。この結果から、1日2回の周期で盆地内の大気が混合している可能性が示された。

Journal

  • Proceeding of Annual Conference

    Proceeding of Annual Conference 19(0), 120-120, 2006

    THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES

Codes

Page Top