西はりま天文台60cm望遠鏡を用いたトランジット法による太陽系外惑星探査 Search for extra solar planets by transit method with Nishiharima Astronomical Observatory 60cm telescope

Access this Article

Author(s)

Abstract

1995年に初めて我々の太陽以外の恒星の周りを回る惑星、太陽系外惑星が発見されて以来、その数は現在までに160個に達している。太陽系外惑星の検出方法はいくつかあるが代表的なものとしては、ドップラーシフト法とトランジット法がある。我々はすばる望遠鏡でのドップラーシフト法による観測から視線速度に変化の見られる天体を、西はりま60cm望遠鏡を用いて観測し、トランジットの検出を試みている。今回は、西はりまでの観測においてトランジット検出に十分な測光精度を得られたことを報告し、さらにいくつかの天体の観測・解析結果を示す。

Since the first announcement of a planet orbiting another solar-type star in 1995,160 extra solar planets have been detected to date. Search methods for extra solar planets involve Doppler shift method and transit method. We aim to find out extra solar planets by these methods. A number of the stars with large radial velocity variations were detected, using Subaru telescope. We are observing these objects at Nishiharima Astronomical Observatory's 60cm telescope, to detect planetary transit. We will report the photometric precision enough to detect transit and analytical result of some objects.

Journal

  • Abstracts for fall meeting of the Japanese Society for Planetary Science

    Abstracts for fall meeting of the Japanese Society for Planetary Science 2005f(0), 88-88, 2005

    THE JAPANESE SOCIETY FOR PLANETARY SCIENCES

Codes

Page Top