月の起源II -- 大衛星形成の必要条件 -- Origin of the Moon -- An essential condition for a large satellite --

この論文にアクセスする

著者

抄録

「巨大衝突仮説」の拠り所の一つとなっているのが、CanupらによるSPH法を用いた一連の数値実験である。しかし、これらの計算には有効空間分解能が円盤の半径程度しかないという深刻な問題がある。今回、我々は高精度の3次元Euler-Mesh数値流体コードを用いて、巨大衝突仮説の再検証を行った。しかし、衝突で形成される円盤から予想される月質量は数日のタイムスケールで急激に減少し、このモデルでは現在の月を形成することは極めて困難であることがわかった。これを避けるためには、円盤内で圧力がほとんど効かないという状態方程式に従う必要がある。

In order to examine the ``giant impact hypothesis'' for the Moon formation, we run the first grid-based, high-resolution hydrodynamic simulations for impact between proto-Earth and a proto-planet. The spatial resolution for the impact-generated disk is greatly improved from previous particle-based simulations. This allows us to explore internal fine structures of the debris disk and its long-term evolution. We find that in order to form a stable debris disk from which a lunar-sized satellite can be accumulated, the impact must result in a disk of mostly liquid debris, where pressure is not effective, well before the accumulation process starts. If the debris is dominated by vapor gas, strong spiral shocks are generated, thereby the circumterrestrial disk cannot survive more than several days.

収録刊行物

  • 日本惑星科学会秋季講演会予稿集

    日本惑星科学会秋季講演会予稿集 2005f(0), 91-91, 2005

    日本惑星科学会

各種コード

ページトップへ