生理指標計測データの処理手法開発に関する報告:胸郭運動計測データに関して The Report of the Processing Technique Development of Physiological Index Measurement Data:About Chest Movement Measurement Data

この論文にアクセスする

著者

抄録

これからの評価や趣向調査には、人間の抱く無言の声を収集することが必要不可欠である。本研究では胸郭運動(呼吸)に着目するが、このような生理指標に「感性情報」が表出すると考えられるからである。<br> 本研究では、「胸郭運動計測装置」のハードウェアを光学式マウスのメカニズムを使用して構築し、Macromedia社のDirectorのLingoスクリプトを用いて、マウスポインタの移動量に変換された胸郭運動を時系列的に記録するソフトウエアの開発を行った。パイロット実験はすでに終え、実験システムの動作確認は完了したが、しかし次ぎのステップである実験を行う際に、仮説検証用の分析システムの開発が必要となった。なぜなら、生理指標データは膨大であり、その処理方法は研究の結果に大きな影響を与えるものだからである。本報告は、データ処理手法の開発報告である。<br>

The technique development which collects the voice of the silence which man holds is indispensable to future taste investigation. In this research, attention was paid to the physiological index . Because we think that "Kansei" will be express in man's unconscious reaction. In this research, the hardware of "chest movement measurement tool" was manufactured using the mechanism of an optical mouse. And the pilot experiment has finished. Development of the analysis system for hypothesis testing has needed in next experimenting. The processing method of Physiological index data was built in this report. And I want to record the pattern of the chest movement again, and aim to the system which recognizes state of psychology automatically.

収録刊行物

  • 日本デザイン学会研究発表大会概要集

    日本デザイン学会研究発表大会概要集 51(0), C18-C18, 2004

    日本デザイン学会

キーワード

各種コード

ページトップへ