広範囲にわたる腸管炎症と狭窄を合併した大腸憩室炎の1例  [in Japanese] A case of colonic diverticulitis with wide spreading inflammation and stenosis  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

症例は52歳の男性。25歳時に大腸憩室炎と診断され,2003年には他院で下行結腸狭窄を指摘されたが炎症性変化と考え経過観察となった。2005年2月頃から左側腹部痛や便柱細小化を認め当科を受診。注腸造影で脾彎曲部に著明な狭窄を認めた。大腸内視鏡では,同部に多発する粘膜下腫瘍様隆起や膿汁流出を伴う炎症憩室を認め大腸亜全摘術を行った。病理組織学所見から,大腸憩室炎により広範囲の腸管炎症や狭窄を合併したものと考えられた。

Journal

  • Progress of Digestive Endoscopy

    Progress of Digestive Endoscopy 69(2), 96-97, 2006

    Japan Gastroenterological Endoscopy Society Kanto Chapter

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004652434
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1348-9844
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top