EMRにて深達度T1a-LPM(m2)と診断され経過観察中に食道壁内再発をきたした表在食道癌の1例  [in Japanese] A case of intramural recurrence after the endoscopic submucosal resection for patient with LPM (m2) esophageal squamous cell carcinoma  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

深達度EP(m1), LPM(m2)の食道癌はほとんどリンパ節転移を認めないことから,EMRの絶対適応と考えられる。しかし,過去に深達度M2の症例で他臓器やリンパ節転移を認めた症例の報告は少ないながらも存在する。また,食道癌は多発する傾向を有し,他臓器との重複癌にも注意が必要である。今回我々は深達度M2と診断され,経過観察中に壁内およびリンパ節転移をきたしたと考えられる症例を経験したので報告する。

Journal

  • Progress of Digestive Endoscopy

    Progress of Digestive Endoscopy 72(2), 44-45, 2008

    Japan Gastroenterological Endoscopy Society Kanto Chapter

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004652535
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1348-9844
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top