演奏生成モデルPopEにおける演奏家個性記述能力に関する検討

この論文にアクセスする

著者

抄録

今までに提案されてきた音楽解釈システムの多くは,原則的にホモフォニーを対象としてデザインされたものであり,ロマン派以降の楽曲の表現は苦手としていた.この問題に対して,我々は複数パートに対するアテンションの移動に着目し,1)各声部に独立した表情付け,2)アテンションが移動する際の移動元音の時間延長,3)複数声部のテンポ表現を協調させるための時間管理処理,を実施する演奏生成モデルPopEの構築を進めてきた.本研究では,PopEの枠組みに添ってアシュケナージ,中村紘子,フジコ・へミングの演奏を再構築し,その演奏の識別率を調査することによって,PopEの演奏家個性記述能力に関する検討を行う.

収録刊行物

  • 人工知能学会全国大会論文集

    人工知能学会全国大会論文集 JSAI05(0), 124-124, 2005

    社団法人 人工知能学会

各種コード

ページトップへ