複雑形状加工のためのボールエンドミル加工シミュレーション:第8報,工具姿勢と加工面精度の関係 Ball-nosed End Milling Simulation for Machining of Comlex Shape - 8th Report, Relation between tool orientation and machining accuracy -

Access this Article

Author(s)

Abstract

金型など3次元複雑形状加工のさらなる高能率化・高精度化を図るためには,時々刻々と変化する被削物と工具の接触位置や相対角度が考慮できる加工シミュレーションが必要である.本研究でこれまでボールエンドミル加工における切れ刃と被削材との干渉量を幾何的に求める手法を開発した.本報告では3軸工作機械で任意の工具姿勢で斜面を加工できる手法を考案し,加工面精度を測定し工具姿勢との関係について検討した.

Journal

  • Proceedings of JSPE Semestrial Meeting

    Proceedings of JSPE Semestrial Meeting 2004A(0), 141-141, 2004

    The Japan Society for Precision Engineering

Codes

Page Top