睡眠時無呼吸症候群(SAS)と子どもの発達の問題  [in Japanese] Sleep apnea syndrome and child development  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 加藤 久美 Kato Nishimura Kumi
    • 太田睡眠科学センター|大阪大学連合大学院小児発達学研究科 Ota Memorial Sleep Center|The Research Center for Child Mental Development, United Graduate School of Child Development, Osaka University

Abstract

  小児の閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は成人と異なり,眠気よりも学力低下や,多動性・攻撃性などの注意欠陥/多動性障害(AD/HD)様の認知・行動面の問題が生じやすく,発達に影響を及ぼすとされているが,そのメカニズムはまだ明らかではない。脳に器質的な影響を及ぼすとの報告,全例ではないが OSAS 治療後に落ち着きや集中力などが改善することより,小児 OSAS に対する早期介入が重要であると考えられる。小児睡眠診療では AD/HD,広汎性発達障害(PDD)の発達障害を持つ児の受診が多く,未診断のケースも少なくない。小児睡眠診療を行う上では,発達面に留意して診療を行い,保護者の困り感や,脳波所見など気になる所見がある場合に,小児科や児童精神科,療育センターなどにコンサルテーションできる体制を整えておくべきである。小児 OSAS では,発達面を含めた長期視野でのフォローが重要である。

Journal

  • Pediatric Otorhinolaryngology Japan

    Pediatric Otorhinolaryngology Japan 31(3), 209-215, 2010

    Japan Society for Pediatric Otorhinolaryngology

Codes

Page Top