口頭のアーギュメンテーションの評価フレームワーク  [in Japanese] Analytical Frameworks for Assessing Students' Oral Argumentation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 村津 啓太 MURATSU Keita
    • 神戸大学大学院人間発達環境学研究科|現在: 日本学術振興会特別研究員DC /神戸大学大学院人間発達環境学研究科 Graduate School of Human Development and Environment, Kobe University|Present address: Research Fellow of Japan Society for the Promotion of Science/Graduate School of Human Development and Environment, Kobe University

Abstract

真正の科学実践であるアーギュメンテーションを理科授業に導入するための研究が着目されている。そこでは, 学習者のアーギュメンテーションを評価するためのフレームワークの提案がなされてきた。しかしながら, 提案されてきた評価フレームワークは, 同じToulminのアーギュメントモデルに立脚しているにも関わらず, それぞれの内実が異なっている。本研究の目的は, 口頭のアーギュメンテーションを対象にした5つの代表的な研究を比較, 検討することによって, 評価フレームワークにおける共通点と相違点を見出すことであった。その結果, 共通点として主張・データ・論拠・裏付けが含まれていること, 相違点として限定詞と反論の扱いが確認された。これらの共通点と相違点を考察することによって, より望ましい評価フレームワークを提案できる可能性が示唆された。

Recent studies have focused on how argumentation, an authentic scientific practice, can be introduced in school science education. In addition, these studies have proposed analytical frameworks for assessing students' argumentation. Although these frameworks are based on Toulmin's argument model, there are some differences among them. This study aims to make suggestions for refining the analytical framework by comparing and examining five representative analytical frameworks. We found that the five frameworks focus on claim, data, warrant, and backing. Moreover, the frameworks can be distinguished according to whether or not they involve focus on qualifiers, and the application of rebuttal is classified into two types. By considering these frameworks' commonalities and differences, we could offer suggestions for a new analytical framework.

Journal

  • Journal of Research in Science Education

    Journal of Research in Science Education 55(1), 3-12, 2014

    Society of Japan Science Teaching

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004672272
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11406090
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1345-2614
  • NDL Article ID
    025631907
  • NDL Call No.
    Z7-1282
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top