社会福祉の立場から認知症高齢者の意思決定プロセスを考える  [in Japanese] Social supports for decision-making process necessary and suitable for cases with dementia among eldery people: insights from the perspective of social welfare  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 白山 靖彦 Shirayama Yasuhiko
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部地域医療福祉学分野 Community Medical and Welfare, Institute of Health Biosciences, Tokushima Graduate School

Abstract

認知症高齢者の増加および独居化に伴い,認知症ケアの充実が喫緊の課題となっている.これを受け,介護保険や権利擁護の諸制度などの施策が打ち出されてきているが,医科および歯科における医療同意に関する意思決定プロセスの定式化や,その合意形成のあり方など残された課題も多い.そこで本稿では,社会福祉の立場から認知症高齢者の生活を支える仕組みや制度などの動向について概観した上で,認知症高齢者の意思決定プロセスに関連して,医科歯科連携を基軸とする関連障害の取組み例を紹介する.加えて,多職種協働による意思決定支援の例を提示する.

Journal

  • Annals of Japan Prosthodontic Society

    Annals of Japan Prosthodontic Society 6(3), 255-260, 2014

    Japan Prosthodontic Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004679472
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1883-4426
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top