アルブチンのメラニン生成抑制作用 B16メラノーマ培養細胞による生化学的研究

この論文にアクセスする

著者

抄録

B16メラノーマ培養細胞を用いて,アルブチンのメラニン生成抑制作用を生化学的に検討した.細胞増殖に影響のない最高濃度は5×10-5Mであった.その時,細胞あたりのメラニン量はコントロールの約39%と明らかな減少を示した.細胞内のチロジナーゼ活性も明らかな減少を示した.同様の条件下で,ハイドロキノンへの加水分解は認められなかった.また,細胞から抽出したチロジナーゼ粗酵素に対して活性阻害作用を示した.アルブチンのメラニン生成抑制作用は,メラノサイトに対する毒性作用によるものではなく,チロジナーゼ活性阻害または生合成阻害によるものと考えられる.また,この作用に対するハイドロキノンの寄与はないものと考えられる.

収録刊行物

  • 日本皮膚科学会雑誌

    日本皮膚科学会雑誌 101(6), 609, 1991

    公益社団法人 日本皮膚科学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004680517
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0021-499X
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ