博物館と連携したワークショップの可能性 Workshops that Collaborate with a Museum:

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,博物館の4大機能のうち,「教育普及」が注目されてきた。すでに,多くの博物館では,教育を主眼においたワークショップや教材開発を実施し,高い教育効果を得ている。本研究では,博物館,大学,企業が連携を行い,2012年5月21日の金環日食をテーマにしたタブレット教材を開発し,8カ所で約300人の子どもたちにレクチャーを実施した。本論では,本ワークショップをふまえ,新しい博物館の「教育」の可能性について考察するとともに,(1)複数機関が連携した教材開発やレクチャーデザイン,(2)学びの動機付け,(3)タブレット教材の活用による参加型ワークショップが豊かな学びをもたらすことを示した。

In recent years, education has attracted attention as one of the four major functions of a museum. At many museums, workshops and teaching material development already effectively contribute to education. In this study, we focus on how a museum, universities, and a private company collaboratively developed tablet teaching materials for the annular solar eclipse of May 21th, 2012.We held workshops with approximately 300 children in eight places. We consider education through museums and focus on the following:(1)development of teaching materials and workshop design in cooperation with several organizations,(2)learning motivation,(3)design of participation workshops that exploit tablet teaching materials.

収録刊行物

  • コンピュータ&エデュケーション

    コンピュータ&エデュケーション 35(0), 87-92, 2013

    一般社団法人 CIEC

各種コード

ページトップへ