ポイント制度によるソーシャル・ネットワーキング・サービスの活性化 Using a Reward System to Promote Access and Engagement on a Social Networking Service

この論文にアクセスする

著者

抄録

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は,利用者が増えれば増える程,その価値が高まるサービスである.当初は,利用者が少ないために,SNSが活性化するのが困難である.そこで,ポイント制度によって活性化させる仕組みを考案し,その有効性を数理モデルで示した.さらに,独自のSNS上で実験を行った.このポイント制度では,個々人の活動に応じて個々人にポイントを付与し,集団的な成果に応じて,そのポイントを現金にかえる換金レートを変化させるという特徴を持っている.実験データをパネルデータに加工して分析した結果,ポイント制度が,ポイント終了後にも残る効果をもたらした事が分かった.

     The value of social network service is a function of the number of its users. As the number of users increases, it becomes more attractive. Newer SNSs are often faced with the challenge of getting this ball rolling because they typically do not have very many users at the outset. The present paper presents a point system designed to encourage users' active involvement with an SNS and demonstrates its effectiveness with mathematical modeling. We also tested our ideas with experiments in an SNS we developed. Our point system gives points to each user according to the level of their individual contribution, which is then converted into monetary rewards using an exchange rate set by the collective level of activity in the SNS. Our panel data analysis of experiment results reveals that the point system has significant and long lasting impacts on users' behavior that are sustained after the conclusion of experiments.

収録刊行物

  • 理論と方法

    理論と方法 28(2), 165-186, 2013

    数理社会学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004685180
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-1442
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ