震災からの復興—水産研究に求められる視点—  [in Japanese] Reconstruction of fisheries from the Great East Japan Earthquake —the viewpoint asked for our fisheries research—  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

平成 26 年 3 月には東日本大震災から 3 年が経過する。壊滅的な被害を被った東北太平洋沿岸の沿岸漁業や養殖業に対して行われてきた復旧・復興対策の成果や今後の地域再生に関する方向性については様々な議論が交わされている。日本水産学会企画広報委員会では,被災地の水産業に関する現状と問題点を現場に即した視点で捉え,特に社会科学的な見地による漁業再生に向けた論点を学会員の間で広く共有し,今後の調査研究など諸活動に活かしていただければと考え,この勉強会を企画した。4 名の演者それぞれの立場から現場の状況を伝えていただき,水産研究を進めて行く上での視点を深めたいと考える。<br>

Journal

  • NIPPON SUISAN GAKKAISHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 80(5), 798-820, 2014

    The Japanese Society of Fisheries Science

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004694429
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193422
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0021-5392
  • NDL Article ID
    025835427
  • NDL Call No.
    Z18-345
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top