バイオメトリック認証技術の研究開発と製品化への期待 Expectations for Products and Research & Development of Biometric Authentication Technology

この論文にアクセスする

著者

    • 瀬戸 洋一 SETO Yoichi
    • 産業技術大学院大学産業技術研究科情報アーキテクチャ専攻 Advanced Institute of Industrial Technology, Master Program of Information Systems Architecture

抄録

日本におけるバイオメトリック技術は,2004年に金融機関のATM(Automatic Teller Machine)への静脈認証装置の採用,2006年にはIC旅券,2007年にはIC運転免許証への顔データの実装というように,社会基盤システムに着実に展開された.2010年を境に米国においてバイオメトリック市場のパラダイムシフトを目指す「Post 9.11」という動きが出てきた.次のステージに向けた市場の拡大の可能性はあるが,民生利用や行政サービスなどに利用されるには,バイオメトリクス特有の問題への対策が以前にも増して重要となっている.つまり,識別,認証のほか,ビッグデータ分野への応用として追跡という新しい利用分野が立ち上がり,これらの市場拡大には,プライバシーへの対策技術が重要である.本稿では,今後必要な技術開発及び製品化のポイントについて述べる.

Biometric technologies in Japan, such as the adoption of vein authentication devices in ATMs (automated teller machines) in 2004, the e-passport in 2006, and the implementation of face data in the IC driver's license card in 2007, have been expanded steadily in the social infrastructure system. A paradigm shift in the biometric market in the United States called “Post 9.11” has occurred since 2010. There is a possibility of expanding the market towards the next stage including, for example, administrative services and civilian use. Thus, it is more important than ever to provide countermeasures to solve the problems specific to biometrics. One example is the protection of privacy. In this paper, I describe the commercialization of biometric technologies and the technologies that must be developed in the future.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review

    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review 8(2), 77-83, 2014

    一般社団法人 電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004697160
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ