超音波ガイド下腕神経叢ブロックをより安全に行うために必要な血管走行についての知識  [in Japanese] Sonoanatomy of the vasculature at the posterior triangle of the neck  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 大神 敬子 OGAMI Keiko
    • 長崎大学医学部麻酔学教室|長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命医科学講座肉眼解剖学分野 Department of Anesthesiology, Nagasaki University School of Medicine|Department of Macroscopic Anatomy, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 佐伯 和信 [他] SAIKI Kazunobu
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命医科学講座肉眼解剖学分野 Department of Macroscopic Anatomy, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 弦本 敏行 TSURUMOTO Toshiyuki
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科生命医科学講座肉眼解剖学分野 Department of Macroscopic Anatomy, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
    • 原 哲也 HARA Tetsuya
    • 長崎大学医学部麻酔学教室 Department of Anesthesiology, Nagasaki University School of Medicine

Abstract

超音波ガイド下神経ブロックは,神経とその周辺組織,ブロック針や注入する薬液などをリアルタイムに描出できる安全かつ確実な手技として普及しつつある.超音波ガイド下腕神経叢ブロック斜角筋間アプローチや鎖骨上アプローチでブロック針の刺入経路となる,後頸三角と呼ばれる部位には多くの血管が存在し,かつそれらの走行は多様性に富むことが知られている.鎖骨下動脈は,超音波ガイド下神経ブロック鎖骨上アプローチの重要なランドマークである.一方,鎖骨下動脈からの分枝にはランドマークとはならないが腕神経叢の近傍を走行する頸横動脈や肩甲上動脈,肩甲背動脈などがあり,ブロック針刺入の障害となりうる.本稿ではこれらの動脈に関する解剖学的知識を超音波ガイド下腕神経叢ブロックとの関連をふまえつつ解説する.後頸三角において超音波ガイド下腕神経叢ブロックをより安全に行うためには,症例ごとにカラードップラーを用いたプレスキャンを行い,腕神経叢周囲やブロック針の刺入経路に存在する血管を慎重に確認し,血管穿刺を避けつつ目的のブロックを安全かつ確実に行える超音波画像を描出することが重要である.

Ultrasound-guided supraclavicular or interscalene brachial plexus block carries the risk of puncturing vascular structures because of vascularity of the posterior triangle of the neck. Although the subclavian artery can be used in identification of the brachial plexus during supraclavicular brachial plexus block, this artery or its branches (transverse cervical artery, dorsal scapular artery, suprascapular artery) can be inadvertently punctured. In this review we describe the anatomy of the vasculature relevant to ultrasound-guided brachial plexus block at the posterior triangle of the neck. Color Doppler is suggested to help detect the arterial branches of the subclavian artery, a step that may be useful in reducing the risk for vascular puncture during ultrasound-guided supraclavicular or interscalene brachial plexus blocks.

Journal

  • Journal of Japan Society of Pain Clinicians

    Journal of Japan Society of Pain Clinicians 21(4), 489-498, 2014

    Japan Society of Pain Clinicians

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004697176
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10440947
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1340-4903
  • NDL Article ID
    025885934
  • NDL Call No.
    Z19-B321
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top