海岸利用者の津波に対する防災意識の経年低下  [in Japanese] DETERIORATION OF TSUNAMI AWARENESS OF BEACH USERS  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,東南海・南海地震発生時に津波による甚大な被害が予想される関西圏における著名リゾート地である和歌山県白浜町の白良浜海水浴場において,2013年8月に海水浴場利用者を対象とした津波防災意識に関するアンケート調査を行った.そして,東北地方太平洋沖地震発生前の2006年と発生直後の2011年に同海水浴場で実施していた同様のアンケート調査の結果とを比較することで,経年による海岸利用者の津波に対する防災意識の低下を明らかにしようとした.その結果,海岸利用者の津波防災意識は災害の発生や経過年月によって変化することが明らかとなった.したがって,防災教育や津波防災などの対策立案者はこうした意識変化を考慮して行う必要がある.

 Questionnaire researches were carried out three times in the same beach. These researches were carried out in August of 2006, August just after the Tohoku Earthquake Tsunami in 2011, and August in 2013 when two years passed after the Tsunami. Using these data, time variation in tsunami awareness of beach users is discussed in this paper. From the results, it is found that the awareness of them became better just after the Tohoku Tsunami, but it has deteriorated with years. Therefore, stakeholders have to consider these results and be planning educational campaigns and so on.

Journal

  • Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering)

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 70(2), I_37-I_42, 2014

    Japan Society of Civil Engineers

Codes

Page Top