原子力発電所解体コンクリー卜からの骨材の分離技術 A Process for Separating Aggregate from Concrete Waste during the Dismantlement of Nuclear Power Plants

この論文にアクセスする

著者

抄録

原子炉の解体に伴い、大量の非放射性コンクリートが発生する。環境への配慮から、このコンクリートを処理して重量比で80 %を占める骨材を回収し、新設の工事等に使用することが期待されている。そこで、コンクリート塊に加熱処理とすりもみ処理を施して骨材を回収することを検討した。<br>  加熱処理が分離した骨材の性能に与える効果は温度が高いほど大きいが、高温になるにしたがって骨材そのものも劣化する。骨材の品質へ与える影響を考慮した効果的な加熱温度は200~500 ℃であった。加熱保持時間の影響は相対的に小さかった。また、300 ℃の加熱を施し、すりもみ効果の卓越したロッドミルおよび攪拌ミルによりそれぞれ30~120分処理したとき、建築工事標準仕様書・同解説JASS 5Nの絶乾比重および吸水率の規定値を満足する品質の粗骨材および細骨材が得られることが判明した。

The decommissioning and dismantling of nuclear power plants will produce a large quantity of non-active waste concrete. From the viewpoint of recycling of this waste concrete the recovery of aggregate contained in concrete at 80% and reuse of it into a new plant construction are envisioned. For these purposes we have studied the recovery process of aggregate from concrete composed of a heating step followed by a milling step onto waste concrete blocks. We have found that higher operation temperature brings a better effect for the separation of aggregate from a concrete body, however too high temperature may reversely degrade a quality of recovered aggregate itself. The most effective heating temperature which is considered not to give the damage to a quality of aggregate stays between 200~500℃. The effect of a duration at such temperature zone is relatively small. As a conclusion we have found that 300℃ of heating temperature and 30~120 minutes of a duration in a rod mill with high efficiency of rubbing work for getting coarse aggregate and an agitate mill for fine aggregate might be proper operating conditions under which we can recover both coarse and fine aggregate with the quality within JASS 5N standard.

収録刊行物

  • 原子力バックエンド研究

    原子力バックエンド研究 3(2), 17-25, 1997

    一般社団法人 日本原子力学会 バックエンド部会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004697653
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1884-7579
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ