Hanfordタンクのクリーンアップ計画 Hanford Tank Cleanup Operation

この論文にアクセスする

著者

抄録

  米国ワシントン州にあるHanfordのDOE施設は、第二次大戦中から戦後の米ソ冷戦構造の間、核兵器開発の中心的存在であった。東西対決も終わり、核兵器の廃絶が進められている中で、かつてのPu生産炉や再処理施設の環境回復が大きな問題としてクロースアップされてきている。   ここでは、Hanford核兵器開発の歴史を振り返り、Pu生産とそれに伴う再処理廃棄物の発生と管理状態、177基に及ぶ廃棄物タンクの現況とクリーンアップの計画などについて、その概要と問題点について紹介する。   1996年9月以降DOEは、Project Hanford管理契約(PHMC)とタンク廃棄物回復システム(TWRS)により、Hanford Tank Waste Cleanupを民間請負化することで、その進捗を計ろうとしている。

  The US DOEsHanford Site is the central facilities where the development of nuclear weapons had been made during the World War II and throughout the Cold War years thereafter.   There are 177 tanks to store the wastes produced from the Pu production facilities after extracting Pu from the irradiated U fuels. The constituents of the wastes are very complicated and there still remain highly radioactive nuclides. Not only liquid, but also sludges and solid wastes are remained within the tanks.   This is a brief summary on history and experiences at the Hanford Pu production facilities in general. In order to proceed the Hanford Tank Cleanup Operations, DOE has made the decision to privatize the Project Hanford Management Contract to Fluor Daniel and Tank Waste Remediation System to BNFL Inc. and Lockheed Martin in autumn 1996.

収録刊行物

  • 原子力バックエンド研究

    原子力バックエンド研究 4(1), 57-65, 1997

    一般社団法人 日本原子力学会 バックエンド部会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004697666
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1884-7579
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ