幕末期蝦夷地陣屋の立地に関する地形学的検討  [in Japanese] Geomorphological Examination on the Fortified Camps (Ezo-Jinya) in Hokkaido of the Nineteenth Century  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,幕末期の蝦夷地陣屋の立地について,Google Earth をはじめとするいくつかの衛星画像および空中写真から範囲や方 位,視点高度などを適宜変えて,地形の3D 画像を作成し,蝦夷地陣屋の地形環境,地形的立地条件を読み解く試みをおこなった。 とりわけ,陣屋の配置,設営に当たって現地見分した報告書,盛岡藩『松前持場見分帳』の記載と対照・検討が可能な室蘭,長万部,砂原,白老の陣屋について自然地理的・地形学的解釈をおこなった。

Journal

  • Geographical Studies

    Geographical Studies 89(1), 4-12, 2014

    The Hokkaido Geographical Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004698110
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1882-2118
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top