ネットワークの閉路特性に着目した駅周辺街路の回遊性分析とその適用:JR中央線9駅の駅周辺街路ネットワークを対象として Rambling activity analyses of the street around the station focused on the closed walk properties of the network:As a target around the station street network of JR Chuo Line 9 stations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

持続可能な人口減少社会の到来において,都市部では鉄道やバスなどの公共交通を軸にした,歩行者中心のまちづくりが求められている.そのなかで,鉄道の駅を中心とした,歩行者の回遊性向上は,重要な政策課題の一つといえる.本研究では,グラフ理論にもとづく中心性指標を用いて,中央線の複数駅の駅周辺ネットワークのもつ特性を分析する.そして,回遊行動の閉路特性に着目し,駅を起点・終点とする回遊性の定量的評価指標を新たに提案する.この指標を用いて,駅周辺ネットワークが形成された歴史的な変遷過程や,現在進行中の駅周辺整備の評価分析を行うことにより,今後の駅周辺整備計画が,効果的な回遊性向上につながるための指標の一助となることを目指す.

In society with a declining population, it is necessary to complete the urban development with a focus on public transportation. The rambling activity of a walker starting from the station is one of the important policy problems. In this study, I clarify the characteristic by the analysis of centrality, based on graph theory with the network structure around the station. And, with the rambling activity analysis focused on the closed walk properties of the network, I want to decide to do it with the help of the way of the around station development which there should be in the future by suggesting new technique to evaluate excursion characteristics quantitatively.

収録刊行物

  • 都市計画論文集

    都市計画論文集 49(3), 711-716, 2014

    公益社団法人 日本都市計画学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004700770
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-0647
  • NDL 記事登録ID
    025885952
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ