サツマイモ害虫イモゾウムシの不妊虫放飼法による根絶に向けた近年の研究の展開  [in Japanese] Recent Advances in the Study on Sterile Technique for the West Indian Sweet Potato Weevil, <i>Euscepes postfasciatus</i>  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 熊野 了州 Kumano Norikuni
    • 沖縄県病害虫防除技術センター|琉球産経株式会社|琉球大学農学部 Okinawa Prefectural Plant Protection Center|Ryukyu-Sankei Co., Ltd.|Department of Ecology and Environmental Science, Graduate School of Agriculture, University of the Ryukyus

Abstract

南西諸島に位置する沖縄県は亜熱帯性海洋気候に属し,1年を通じて温暖な気候である。地理的に東南アジアに近いため南方性の病害虫が台風や季節風に乗って周辺諸国から飛来したり,観光や貿易により人為的に持ち込まれるため,沖縄県は南方性の病害虫の侵入や定着のリスクが大きい。2000年までに少なくとも105種の外来昆虫が沖縄県では報告されており,そのうち88種が物資に紛れて非意図的に国外から持ち込まれたとされている(小濱,2002; 小濱・嵩原,2002)。農作物に対して大きな経済的被害をもたらす一部の外来昆虫は植物防疫法で特殊害虫に指定され,特殊害虫の発生地から未発生地への病害虫およびその寄主植物の移動が規制されている。

Journal

  • Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology

    Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology 58(3), 217-236, 2014

    JAPANESE SOCIETY OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004704265
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186121
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0021-4914
  • NDL Article ID
    025788665
  • NDL Call No.
    Z18-41
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top