「複合メディア環境」における家庭用録画機器の利用状況:~ テレビ視聴に活用される動画共有サイトと家庭用録画機器 ~ Survey on Home Video Recorders Users' Behavior under 'Complex Media-Environment':Video Sharing Service and Home Video Recorders used for watching TV programs

この論文にアクセスする

著者

抄録

 多くの家庭に録画機器が普及し,テレビ番組を録画して自分の好きな時間に視聴する,いわゆるタイムシフト視聴が容易になった.その上,近年動画共有サイトを通じてテレビ放送の関連動画を視聴できるようになり,テレビ番組の視聴形態が多様化している.本研究では,動画共有サイトの利用者が増えている環境下において,これまで多く利用されてきた家庭用録画機器が人々にどのように捉えられているかを確認する調査票調査を実施した.<br> その結果,動画共有サイトを利用しているグループはそうでないグループと比べ,録画機器を用いて番組録画を行う頻度が高く,また録画した番組をダビング保存しようとするなど家庭用録画機器をより積極的に利用する傾向にあった.さらに,先行論文で明らかにした五つのテレビ視聴の態度と家庭用録画機器の利用状況との関わりについて,テレビ番組に対して高関与な人々は放送番組の録画や再生の頻度が高いことが確認された.

 Home video recorders have spread over the country. Now people are able to watch TV program in their favorite time utilizing the recording function. In other words home video recorders facilitate 'time-shifted viewing' of TV broadcasts. In addition nowadays people can watch some TV programs on video-sharing sites of the internet, which diversify peoples' watching style of TV programs. This study has done a survey for examining how people conceive home video recorders under such changing environment.<br> As a result our survey confirms that the groups using video sharing sites tend to record TV programs and then put the programs into removable disk more frequently than the group using the sites less. It also shows that five perception patterns toward TV watching underpinned in the precedent paper are associated with the usage of home video recorders, and that the cohort with keen interest in TV programs is likely to record and playback programs more often other cohorts.

収録刊行物

  • 情報メディア研究

    情報メディア研究 13(1), 15-31, 2014

    情報メディア学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004704850
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-5857
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ