投与を求めて東北3県の救急外来を受診した自称女医のペンタゾシン依存症の1例を経験して  [in Japanese] A case of pentazocine addiction in a physician imposter at hospitals in three prefectures within the Tohoku region of Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

症例は30代の女性。東北新幹線乗車中に下腹部痛が出現し救急要請となった。救急隊が病院選定を行う際に自分は医師であると話し前医へ搬送となったが,診察をめぐってトラブルとなったため当院紹介となった。救急隊からの連絡で身分証明書の提示を拒否していたこと,インターネット検索をした結果,氏名と所属が一致しないことを確認したために薬物依存の可能性を考え,前医に医師会への報告を依頼するとともに当院精神科医師による診察を依頼した。当院搬入時,下腹部の激痛を訴えており,一刻も早い鎮痛剤の投与を希望していた。患者によると,子宮頸管狭窄症の診断で海外の病院や都内大学病院で大腿静脈よりペンタゾシンとジアゼパムを静脈内投与していたと主張していた。精神科医師による傾聴後,痛み止めは施行できない旨を伝えていた最中に荷物より所持品が落下した。某大学病院や某研究機関研究員など多数のIDカードを所持しており名前も偽名であった。その直後に突然激高し,看護師の腹部を蹴り,当院から逃走した。30分後,当院より約10km離れた地点で救急要請した。搬送となった病院でセルシン<sup>® </sup>とソセゴン<sup>® </sup>を筋注したが10分程で再度除痛するよう訴えた。直後に岩手県医師会から「不審患者に関する情報」がFAXで届き,警察への通報を考慮していたところ突然逃走した。医師会を通じて調査したところ,前日には宮城県,翌日には秋田県の医療機関を同内容で受診していることが判明した。本症例を通して,救急医療機関においては,問題行動のある精神科救急患者を受け入れた際の対応マニュアルを,あらかじめ整備しておくことが望ましいと思われた。

A 30-year-old female with lower abdominal pain was transported to our hospital by ambulance. She claimed to be a physician, but refused to produce identification. We requested that Iwate Prefecture Medical Association fax other medical facilities with information about this suspected addict. She requested immediate pentazocine administration. Based on her medical history, she had received intravenous injections of diazepam and pentazocine each time she presented with abdominal pain at other hospitals within the Kanto region of Japan. A psychiatrist recommended against administering pentazocine due to the potential dependency. The patient fled our hospital after it was noted that she had used a pseudonym and a counterfeit ID card. Thirty minutes later, a hospital approximately 20 km from our hospital reported that pentazocine had been administered to the patient; however, she fled because the hospital received the warning fax from the Iwate Prefecture Medical Association. The patient had also sought care for the same symptoms at medical facilities in Miyagi and Akita prefectures. This case suggests that pentazocine should not be administered to patients with a suspected addiction, and sharing information between police and medical associations is important. A response manual for psychiatric emergency patients is needed at emergency medical institutions.

Journal

  • Nihon Kyukyu Igakukai Zasshi

    Nihon Kyukyu Igakukai Zasshi 25(7), 307-312, 2014

    Japanese Association for Acute Medicine

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004706575
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0915-924X
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top