地方都市中心部における業務用地の低未利用地への転換に関する研究 STUDY ON THE TRANSFORMATION FROM BUSINESS-USE LAND TO UNDERUSED LAND IN CENTRAL AREAS OF LOCAL CITIES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,2005年10月時点の中核市37都市すべてを対象に,都市中心部における業務用地から低未利用地への転換の実態を把握することを目的に,GIS上に区画単位の土地利用データベースを1985年と2005年の2時点について構築した.その上で,業務用地と低未利用地との空間分布状況や各市の駐車場助成制度に着目し,業務用地の低未利用地への転換との関連について分析した.<br>その結果,全国の中核市で業務用地が減少している一方で,駐車場用地は増加傾向にあり,また,駐車場用地の利便性が高い業務用地が低未利用地へ転換していることを明らかにした.さらに,商業事業者が設置する駐車場に対して助成制度を設けている都市は,その他の都市に比べ,業務用地が駐車場に転換する区画数の割合が高いことを明らかにした.

In this study, we constructed a database of land use in 1985 and 2005 using GIS to understand the transformation from business-use land to underused land in central areas of 37 core cities in 2005. Then, we analyzed the relationship of transformation from business-use land to underused land focusing on the spatial distribution between business-use land with underused land, and outdoor parking lots subsidy programs.<br>Results show that business-use land has decreased in central areas of core cities, and outdoor parking lots have increased. Additionally, we clarified that business-use land which has high convenience of parking lots changes into underused land. Moreover, the rate of lot transformation from business-use land to outdoor parking lots is larger in cities where outdoor parking lots subsidy programs are established than other cities.

収録刊行物

  • 土木学会論文集D3(土木計画学)

    土木学会論文集D3(土木計画学) 69(5), I_253-I_263, 2013

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004707524
  • 本文言語コード
    JPN
  • NDL 記事登録ID
    026039525
  • NDL 請求記号
    YH247-1182
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ