市町村合併の合併形態の違いによる地域公共交通活性化の取り組み実態とその課題に関する調査研究 ACTUAL CONDITION OF REGIONAL PUBLIC TRANSPORT IN LOCAL GOVERNMENT AND IMPACT OF MERGER OF MUNICIPALITIES AS VIEWED FROM A NATIONAL SURVEY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,少子高齢化や地方部における過疎化の進行,自家用車の普及によって公共交通の利用者が減少している.しかし,交通弱者は必ず存在するため,公共交通機関を容易に廃止することはできない.また,市町村の合併が盛んに行われるようになり,それに伴い公共交通の需要が変化することが予測される.これらのことから,現在多くの地方自治体では公共交通再編の必要に迫られている.そこで,本研究では全国の市区町村を対象に公共交通に関するアンケート調査を実施し,各市区町村の公共交通の現状や課題,目標に対する達成度を把握した.また,クラスター分析を用いて合併市町村を合併形態ごとに分類し,各形態の公共交通に関する施策や課題,達成度評価の傾向を比較した.

In recent years, the use of public transport has decreased in the progress of rural depopulation and declining birthrate and aging population, by the spread of private cars. However, because there are always vulnerable road users, public transport can not be abolished easily. In addition, the merger of municipalities will be done actively, so the demand for public transport is expected to change. So, in many local governments are faced with the need for restructuring public transport. In this study, I conducted a questionnaire survey on public transport to target the cities of the country, and the current situation and to understand the challenges of public transport in each city, and I classify the merger of municipalities by the cluster analysis to clarify trends and issues of public transportation policies each classification.

収録刊行物

  • 土木学会論文集D3(土木計画学)

    土木学会論文集D3(土木計画学) 69(5), I_705-I_713, 2013

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004707574
  • 本文言語コード
    JPN
  • NDL 記事登録ID
    026042489
  • NDL 請求記号
    YH247-1182
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ