マイワシに対する調査用流し網の網目選択性について  [in Japanese] Mesh selectivity of experimental drift net for Japanese sardine  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

複数の目合を組み合せた調査用流し網による資源調査の結果からマイワシに対する網目選択性を求めた。マイワシが多獲された目合 33,37,44,48 mm では大きな目合ほど大きな個体が獲られる網目選択の効果が認められ,その目合別体長組成から選択性曲線を推定した。選択性曲線の最適体長に該当するマイワシは鰓蓋後縁よりやや前の胴周長が網目内周長と一致することから,「鰓かかり」や「刺し」による漁獲と推察された。より大きな目合で漁獲されるマイワシは「鰓かかり」や「刺し」ではなく「絡み」で漁獲されたことが示唆された。<br>

Journal

  • NIPPON SUISAN GAKKAISHI

    NIPPON SUISAN GAKKAISHI 81(2), 290-292, 2015

    The Japanese Society of Fisheries Science

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004780821
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00193422
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0021-5392
  • NDL Article ID
    026312451
  • NDL Call No.
    Z18-345
  • Data Source
    NDL  J-STAGE  JASI 
Page Top