IFALD(腸管不全合併肝障害)の病因と治療  [in Japanese] Current treatment of intestinal failure associated liver disease (IFALD)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 和田 基 WADA Motoshi
    • 東北大学大学院小児外科学分野 Department of pediatric surgery, Tohoku university graduate school of medicine
    • 田中 拡 TANAKA Hiromu
    • 東北大学大学院小児外科学分野 Department of pediatric surgery, Tohoku university graduate school of medicine
    • 山木 聡史 YAMAKI Satoshi
    • 東北大学大学院小児外科学分野 Department of pediatric surgery, Tohoku university graduate school of medicine
    • 仁尾 正記 NIO Masaki
    • 東北大学大学院小児外科学分野 Department of pediatric surgery, Tohoku university graduate school of medicine
    • 工藤 博典 KUDO Hironori
    • 東北大学大学院小児外科学分野 Department of pediatric surgery, Tohoku university graduate school of medicine
    • 石田 和之 ISHIDA Kazuyuki
    • 岩手医科大学医学部病理学講座分子診断病理学分野、岩手医科大学附属病院病理診断科 Department of diagnostic pathology, Iwate medical university school of medicine
    • 風間 理郎 KAZAMA Takuro
    • 東北大学大学院小児外科学分野 Department of pediatric surgery, Tohoku university graduate school of medicine
    • 西 功太郎 NISHI Kotaro
    • 東北大学大学院小児外科学分野 Department of pediatric surgery, Tohoku university graduate school of medicine

Abstract

腸管不全合併肝障害(intestinal failure associated liver disease ; 以下、IFALDと略)は腸管不全(intestinal failure ; 以下、IFと略)の致死的かつ重大な合併症であるが、IF、IFALDの発生数、発症率、死亡率などの実態は知られておらず、今後の詳細な調査、検討が期待される。IFALDが進行し、不可逆的肝不全を来たした場合には肝臓-小腸移植、多臓器移植によってしか救命できないが、国内では依然として小児の脳死ドナーからの臓器提供の困難な状態が続いており、特に小児IF症例におけるIFALDの治療と予防はIF治療における最重要課題である。<br>長期の静脈栄養(parenteral nutrition、以下、PNと略)症例では非アルコール性脂肪肝炎(nonalcoholic steatohepatitis、以下、NASHと略)来たすことが示され、IFALDの発症には肝臓での脂質代謝異常が関与すると考えられている。IF症例では長期PNに伴う過栄養/低栄養、必須脂肪酸の欠乏など肝臓での脂質代謝異常を来たす要因に加え、腸管細菌叢の異常などを原因とする敗血症、肝臓の循環不全により肝細胞障害を来たし、NASH/IFALDを発症し、重症化すると考えられる。新生児・乳児期のIFでは、胆汁輸送機構の未熟性や腸内細菌叢の異常をより来たしやすいことなどから胆汁うっ滞を主体とするIFALDが問題となり、幼児、学童以降ではNASHを主体とするものが多い。<br>IFALD治療の骨子は、1) 残存する腸管を最大限に利用し、PNへの依存度を軽減すること、2) 個々のIF症例の病態を的確に評価し、適切なPN、経腸栄養(enteral nutrition ; 以下、ENと略)を実施すること、3) 短腸症候群や腸管内容のうっ滞に伴う腸内細菌叢の異常と合併するbacterial translocation(以下、BTと略)、敗血症を最大限に予防すること、である。最近、IFALDに対する魚油由来ω3系静脈注射用脂肪製剤(商品名 : Omegaven<sup>®</sup>、以下、omegavenと略)の有効性が報告されている。omegavenは(1)胆汁流出の改善、(2)脂肪化の減少、(3)免疫抗炎症作用、といった機序により胆汁うっ滞、肝炎、線維化を軽減すると考えられている。<br>本稿では、当院におけるIF、IFALDの治療経験とomegavenの使用経験、IFALDの病因やIFALDに対するomegavenの効果に関するこれまでの報告を紹介し、IFALDに対する治療の今後の展望について考察する。

Journal

  • Jomyaku Keicho Eiyo

    Jomyaku Keicho Eiyo 27(5), 1217-1222, 2012

    Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition

Keywords

Codes

Page Top