表面だけのイメージ,表面のイメージ,その奥行き:発達障害のイメージ論 Images Consisting of Surface, Images of Surface, and Depth:Images Produced by Clients with Pervasive Developmental Disorder

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究では,発達障害のクライエントが産出するイメージとはいかなるものか,イメージの構造分析を行った。まず,これまでの研究を振り返る中で,発達障害のイメージが「意味」を中身として持たない「表面だけのイメージ」であることを明らかにした。その上で,軽度発達障害の事例の検討を行い,「表面だけのイメージ」が一者性の感覚を保持するために使用される二次元的なものであり,三次元的な空間的分離性,四次元的な時間的分離性が成し遂げられることで,「表面だけのイメージ」に奥行きが生まれてくることを示した。このようにして,面接から排除されていた意味や情緒を人間的に体験することが可能になることを検討し,イメージに見えないイメージに奥行きを見出そうとするイメージの構造分析が,それ自体としてこころをもたないように見える発達障害にこころを見出そうとする営みであることを論じた。

This paper uses structural analysis to examine the images produced by clients with pervasive developmental disorder (PDD). A literature review revealed that PDD individuals create images consisting only of "surface" elements and are devoid of "meaning". I presented a course of psychotherapy with a boy with mild PDD. It was clear that the surface images were two-dimensional and served to preserve the sense of oneness. I concluded that the addition of depth to such images would require that client have the experience of spatial isolation that accompanies three-dimensionality, as well as the sense of chronal isolation that accompanies four-dimensionality. Through this process, the therapist and client can develop the ability to share meaning and emotion as humans. Thus, structural analysis, which enables understanding of the depths that are otherwise hidden in images, can be used to reveal the humanity of clients with PDD, who appear to lack this very quality.

収録刊行物

  • 箱庭療法学研究

    箱庭療法学研究 27(2), 39-49, 2014

    日本箱庭療法学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004851852
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0916-3662
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ