地域環境NPO の参加者の居住歴と活動の志向性:滋賀県守山市のNPO 法人「びわこ豊穣の郷」を事例として Citizen's residential history and their preference for environmental movement: a case study of the Akanoi-Biwako environmental citizen's initiative

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、滋賀県守山市を中心として活動しているNPO 法人「びわこ豊穣の郷」を事例として、会員の居住歴などの社会的属性と活動の志向性との関係を明らかにする。「びわこ豊穣の郷」の会員に対するアンケート調査の結果から、(1)「びわこ豊穣の郷」の会員構成が多様化してきていること、(2)居住歴などの社会的属性により、活動の志向性が異なっていることが明らかとなった。地付農家は、身近な水環境に直接的に働きかける活動および自治会・町内会と協力する活動を志向していた。地付非農家は、自らが水環境に直接的に働きかける活動を志向していた。転入非農家は、他のNPO・ボランティア団体と協力する活動を志向していた。活動の志向性の背景要因としては、第1 に、会員の地域活動への参加や組織・団体への加入の状況の相違にあると考えられる。第2 に、農業就労などの日常生活における水環境との関わり程度の相違にあると考えられる。

収録刊行物

  • 水資源・環境研究

    水資源・環境研究 (21), 25-34, 2008

    水資源・環境学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004852594
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10320708
  • 本文言語コード
    UNK
  • ISSN
    0913-8277
  • NDL 記事登録ID
    10214670
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-665
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ