拡散誤差の抑圧による多値誤差拡散法 Multi-level Error Diffusion Method Considering Suppression of Diffused Error

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

誤差拡散法による擬似中間調法は画品質が良く,白黒2値の画素により擬似的に濃淡を表す方法としてよく利用され,多値への拡張も可能である.しかし,多値誤差拡散法において入力画素値が量子化レベル近傍にあるとき著しく画質が劣化する問題があった.ここでは,問題領域での拡散誤差の増大に注目し,その上限値を制限することで問題を解決する処理法を提案し,その有効性を確認した.あわせて,従来の2値誤差拡散画像は輪郭強調されていることを示す.

The error diffusion method is used well for two-level dithered picture because of its high-quality processing compared with other dithering methods. It can be expanded to multi-level processing. However, the error diffusion method using multi-level processing causes significant deterioration of picture quality, when an input pixel level is near to a quantization level. In this paper, we propose a new error diffusion method to solve the above problem, which technique is to set the diffused error value with an upper limit level under the condition of the diffused error increase. The proposed method is found to be effective for image quality. In addition, we show that usual two-level error diffusion methods have a characteristic of edge emphasis.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌

    画像電子学会誌 41(4), 379-384, 2012

    一般社団法人 画像電子学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004870590
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12563298
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0285-9831
  • NDL 記事登録ID
    023885884
  • NDL 請求記号
    YH247-1186
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ