通常学級に在籍する児童のきこえの困難さ検出用チェックリストの作成:―因子分析的検討を通して― Development of a Checklist for Detection of Hearing Difficulties in Children in Regular Classrooms: A Factor Analytic Study

この論文にアクセスする

著者

抄録

小学校の通常学級において「聞く」または「話す」に著しい困難を示すと判断される児童がいることは知られている。しかし、そのような困難がどのような要因によって生じているか、どのような視点で指導や配慮を検討するとよいかについては十分明らかにされているとはいえない。そこで、本研究はチェックリストを作成することを目的として、きこえの困難を生じさせている要因を検討するため、小学校通常学級を対象とした質問紙調査を行った。因子分析の結果、先行研究にも示されている「注意」「識別」「記憶」に加え、「補完」の4因子が得られた。これらの要因にそれぞれ分けて捉えることで、困難を軽減するための指導や配慮の方法がたてやすくなると思われた。今後は、カットオフポイントの検討などを経て、きこえの困難さを検出するためのチェックリストとして作成に取り組む必要がある。

The purposes of the present research were to examine factors causing elementary school children difficulties in hearing, and to develop a questionnaire that could be used with students in elementary school mainstream classes. Factor analysis of the questionnaire revealed 4 factors consistent with previous research: "auditory closure factor,", "auditory attention", "auditory identification", and "auditory memory". Using this information, it would be easy for teachers to devise a method of guidance and special arrangements designed to reduce each of these categories of difficulties faced by children with hearing difficulties. In the future, a checklist to detect hearing difficulties should be developed through examination of the cutoff points on these scales and other information.

収録刊行物

  • 特殊教育学研究

    特殊教育学研究 51(1), 21-29, 2013

    一般社団法人 日本特殊教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004876159
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-3374
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ