新規刺激の提示や活動の切り替えに困難を示す自閉性障害児における活動スケジュールを用いた支援 Effects of Using Activity Schedules With a Child With Autism: A Case Study

この論文にアクセスする

著者

抄録

本研究では、新規刺激の導入や活動の切り替えに困難がみられた自閉性障害男児1名を対象に、活動の見通しを立てて自律的に次の活動に移行すること、および次の活動を視覚的に理解することで新規刺激に対する拒否行動を軽減することを目的に、活動スケジュールを用いた介入を行い、その有効性を検討した。大学の指導室において、写真カードを用いた活動スケジュールの利用行動を漸減型ガイダンス手続きによって形成した後、徐々にスケジュール表を汎用性の高いものへと変更した。その結果、対象児は文字によって示された活動スケジュールを利用し、デジタルタイマーによって自由時間をコントロールすることが可能になった。活動スケジュールの利用は日常生活場面においても効果がみられた。これらの結果から、「支援つき自己管理」の観点による自閉性障害児者の自立の促進可能性や、今後の課題について考察を行った。

The present study examined effects of picture activity schedules on the smoothness and spontaneity of transitions between activities by a child with autism. The participant was a boy 5 years old at the start of the study, who had been diagnosed as having autism. The boy strongly refused unfamiliar stimuli, as well as refusing to shift activities, especially when the shift was to an activity he did not prefer. Using graduated guidance procedures, he was taught to use picture activity schedules. The training was done in a consultation room at the university. After that, the picture activity schedules were gradually changed to more useful ones. Following this training, the boy acquired the skills of using activity schedules written in words and of controlling his free time by using a digital timer. Effects of the picture activity schedules generalized to his home. The results with this 5-year-old boy suggest the possibility that the independence of people with autism may be promoted by self-management with support.

収録刊行物

  • 特殊教育学研究

    特殊教育学研究 51(3), 279-289, 2013

    一般社団法人 日本特殊教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004876171
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0387-3374
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ