「産婦人科領域レーザー診療の現状と将来」によせて  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 坂本 優
    • 公益財団法人 佐々木研究所附属杏雲堂病院 婦人科

Abstract

今回,粟津邦男編集委員長のご発案により,産婦人科領域におけるレーザー診療の現状と将来に関する特集を組む機会をいただきました.本特集では,婦人科領域において,まず,子宮頸部病変に対するレーザー円錐切除術の現状と展望について,東邦大学の久布白先生に執筆していただきました.次に,子宮頸部初期癌ならびに異形成に対する光線力学療法(PDT)の現状と展望について,杏雲堂病院の坂本が概説いたします.さらに,子宮体部病変に対するレーザー治療の開発状況について,奈良県立医科大学の重富先生に執筆していただきました.また,産科領域では,双胎間輸血症候群における胎児レーザー治療の現状と展望について国立成育医療センターの山下先生に執筆していただきました.最後に,子宮頸部再発病変に対する光線力学療法(PDT)の現状と展望に関して,杏雲堂病院の三宅先生に執筆していただきました.本特集により,我が国における産婦人科領域におけるレーザー診療の現状が理解され,その将来展望として,ふたたび,医療用レーザーが産婦人科診療においても積極的に使用され,開発中のレーザー治療が保険承認され,さらに発展していくことを特集の企画者として切に願います.

Journal

  • Nippon Laser Igakkaishi

    Nippon Laser Igakkaishi 33(2), 110-110, 2021

    Japan Society for Laser Surgery and Medicine

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004893551
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0288-6200
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top