地中レーダを用いた砂質土地盤における不飽和浸透挙動の非破壊計測 NON-DESTRUCTIVE MEASUREMENTS OF UNSATURATED SEEPAGE FLOW BY USING GROUND-PENETRATING RADAR

この論文にアクセスする

著者

抄録

砂質土地盤における浅層領域での不飽和浸透挙動の計測方法として,地表設置型の地中レーダ(GPR)を用いた方法を提案し,原位置不飽和浸透試験を実施した結果に基づいて,その適用性および有用性について述べている.自然乾燥状態にある均質な砂丘砂地盤において,一定量の散水を行って地盤内に断面2次元不飽和浸透流を発生させ,その浸潤前線の非定常挙動をGPRプロファイル測定によって地表面から非破壊状態で計測を行った.GPRによって測定された浸潤前線の非定常挙動を浸透流解析手法による数値シミュレーションおよび土中水分量計測データと比較した結果,それらには一致が認められた.

  The potential of surface ground-penetrating radar (GPR) for measuring unsaturated seepage flow in sandy soils was evaluated. It is shown from field infiltration experiments performed in homogeneous unsaturated dune sands. Non-steady behavior of the wetting front caused by two-dimensional seepage flow from the infiltration tests was non-destructive measured by using GPR in profile survey modes with the antennas on the surface. The utility of our proposed GPR profile survey was demonstrated by using seepage flow analysis of field infiltration experiments. There was good agreement between computed and measured wetted zone movements in two-dimensional unsaturated seepage flow.

収録刊行物

  • 土木学会論文集C

    土木学会論文集C 65(4), 943-950, 2009

    公益社団法人 土木学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130004943066
  • 本文言語コード
    JPN
  • データ提供元
    J-STAGE 
ページトップへ