無承認無許可医薬品中の抱水クロラールの分析  [in Japanese] Determination of Chloral Hydrate in Unapproved/Unpermitted Drugs  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

無承認無許可医薬品中の抱水クロラールの分析法を開発した。定性試験では、抱水クロラールをジクロロメタンで抽出し、質量分析計付ガスクロマトグラフィー及び薄層クロマトグラフィーにより分析した。薄層クロマトグラフィーの発色試薬として2,4-ジニトロフェニルヒドラジンを使用することにより良好な結果が得られた。定量試験では、ジイソプロピルエーテルで抽出し、1,2,3-トリクロロプロパンを内標準物質とした質量分析計付ガスクロマトグラフィーにより分析した。原材料の表示にスパニッシュフライ使用と記載されている液体製剤から、抱水クロラールを5.7w/w%検出した。

An analysis method to detect chloral hydrate in unapproved/unpermitted drugs was developed. In the qualitative method, chloral hydrate was extracted with dichloromethane and then analyzed with gas chromatography-mass spectrometry and thin layer chromatography. The reagent of 2,4-dinitrophenylhydrazine was used for staining in with thin layer chromatography. In the quantitative method, chloral hydrate was extracted with diisopropyl ether and then analyzed with gas chromatography-mass spectrometry using an internal standard 1,2,3-trichloropropane. A total of 5.7w/w% of chloral hydrate was detected from the liquid sample displayed to used the Spanish fly as raw material.

Journal

  • ChemoBio Integrated Management

    ChemoBio Integrated Management 6(1), 43-50, 2010

    ChemoBio Integrated Management Society

Codes

Page Top