東中欧諸国における政党システム形成の比較:「基幹政党」の位置取りを中心にして A comparative analysis of the consolidation of the party system in East-Central European countries: focusing on the positioning of major political parties

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は,1992~2004年の時期におけるポーランド,チェコ,スロヴァキア,ハンガリーの 4 か国の政党システムの形成過程を時間に沿って比較し,そこに働く諸要因を明らかにすることを目的とする。その場合,政党システムの主軸をなす「基幹政党」の相対的位置関係の変化に注目する。この作業をとおし,初期における共産後継党の能力と選択,最初に基幹政党の地位を得た政党の立ち位置などがシステム形成に影響を与えたことを示した。

Journal

  • Japanese Journal of Comparative Economics

    Japanese Journal of Comparative Economics 46(1), 1-15, 2009

    Japan Association for Comparative Economic Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004956957
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12128834
  • Text Lang
    UNK
  • Article Type
    特集
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1880-5647
  • NDL Article ID
    10238693
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z71-J758
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top