霧島連山・新燃岳の火山災害による事業所被災と自治体対応 DAMAGE AND CORRESPOBDENCE OF LOCAL GOVERNMENTS AND BUSINESS ESTABLISHMENTS FOR Mt. SHINMOE 2011 ERUPTIONS

この論文にアクセスする

抄録

 南九州・霧島連山の新燃岳(標高1,421m)では,平成23年1月に52年ぶりの爆発的噴火が起き,宮崎・鹿児島両県で降灰や噴石による被害が報告された.先行きの見えない噴火活動が住民の生活や企業活動に与える影響は大きく,また長期化することが懸念される.本研究では,各種公表資料,自治体や企業でのヒアリング調査結果をもとに,本災害による事業所や自治体の被災状況と当時の対応,今後の対策について整理し,長期化する恐れのある火山災害時における企業の事業継続に必要な観点について整理した.<br> 突発的な今回の火山噴火は,当該地域の火山災害に対する防災体制の不備な点を明らかにした.今後,火山災害の影響を受けない地域をも含めたより広域的な連携関係を構築しておくことや,風評被害を防ぐための復旧過程での積極的な報道の利用等が重要であると考えられる.

 On Jan. 27, 2011, Mt. Shinmoe in the Kirishima mountain range on the border between Kagoshima and Miyazaki Prefectures began erupting for the first time in 52 years. In this study, to clarify the damage and correspondence of local governments and business establishments for a series of volcanic hazards of Mt. Shinmoe in 2011, we conducted interview research and document investigation. For endless volcanic hazard, not only the serious and sustained effots of disaster-affected area, but also the broad-based supoorts from neighboring local governments and business establishments are required.

収録刊行物

  • 土木学会論文集F6(安全問題)

    土木学会論文集F6(安全問題) 67(2), I_23-I_28, 2011

    公益社団法人 土木学会

各種コード

ページトップへ