1kmメッシュデータによる北海道の気候変動解析:ケッペンの気候区分を用いて  [in Japanese] Climate Change Analysis of Hokkaido by Mesh Data Using Koeppen Climate Classification  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 葛西 光希 KASAI Koki
    • 北海道大学工学部情報エレクトロニクス学科 School of Engineering, Hokkaido University
    • 木村 圭司 KIMURA Keiji
    • 北海道大学大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University

Abstract

日本でケッペンの気候区分を適用すると,東北から北海道にかけての地域で,温帯から亜寒帯の遷移帯がみられる。本研究では,この遷移帯付近に位置し,かつ比較的小さな範囲である北海道(北方領土は除く) を対象としてケッペンの気候区分を適用した。また,気候の面的な分布を見られるよう,気象台やAMeDAS観測所のデータより詳細な,1kmメッシュデータを用いて区分を行った。この結果,北海道の代表的な気候区とされている亜寒帯のDf(Dfa・Dfb・Dfc) 以外にも,温帯のCfa・Cfb・Cs* や,それにわずかながらDwb,寒帯のETと,さまざまな気候区が存在することが分かった。また,1971~2000年,1981~2010年の2期間について同様の解析を行い,気候区が変化した地域を明らかにした。2期間で生じたすべての気候区変化パターンをクロス集計により明らかにした。さらに,各変化パターンの代表メッシュを抽出し,気温や降水量のデータを用いて,変化が生じた理由を説明した。北海道において,ある気候区が変化するパターンとその逆方向の気候区への変化パターンが混在した地域が見られ,この地域は気候区の遷移帯であると判断できる。遷移帯において気候区が変化したメッシュ数を比較すると,温暖化の傾向を示すメッシュ数が多かった。北海道という比較的小さな地域でもケッペンの気候区分により気候変動の一側面が把握できたことから,小地域におけるケッペンの気候区分が有効性を持つ場合があることが確認された。

Journal

  • Geographical Studies

    Geographical Studies 88(2), 37-48, 2014

    The Hokkaido Geographical Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130004991300
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1882-2118
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top